アムウェイのハイピンが主催するパーティーや旅行ツアーは儲け放題?

イベント

アムウェイビジネスに参加していると、アップラインがパーティーや旅行ツアーを主催することがあります。

数百人単位で沖縄ツアーやバリ旅行ツアーまで!

特に20代~30代が中心のグループがやっているケースが多い気がします。

やたら大人数でパーティーしていたり、旅行の集団写真をSNSで投稿をしているディストリビューターを見るとちょっと気持ち悪くなりますよね。

どんだけパリピーだよ・・・と。

そんな僕もビジネスにハマっていた時はリア充アピールなキモい投稿だらけでしたが…(苦笑)

今回はアムウェイビジネスと切っても切り離せないイベントについて書いていきたいと思います!

目的はビジネスのスイッチを入れること

参加するメンバーにとっては、

メンバー
ビジネスはガチじゃないけど、みんなと楽しく旅行に行きたい!(パーティーを楽しみたい)

という感じでしょうか。

一方、主催するハイピンやアップラインにしてみれば、

アップ
アムウェイの招待ツアー(LSなど)の雰囲気を疑似体験することで、ビジネスのスイッチを入れてもらいたい!
アップ
パーティーで仲間と盛り上がって、コミュニティの楽しさを感じてもらいたい(抜けれなくしたい)

そんな思惑があります。

たまにならともかく、毎月のようにやられてもグループの出費が増えるだけ。

疑似体験だけで満足してしまい、

ビジネスから離れてしまうメンバーもいるのでやめていただきたい

と考えていました。

特に20代でお金がない子は、参加したいあまりにキャッシングローンを組んだり、貯金を取り崩して参加する場合があるんです。

旅行に行きたいなら、近しい友達と格安ツアーにでも行けば良いのにね。

まぁ、そういったことができない人たちがアムウェイビジネスに参加するという一面もありますが。

Sponsored Link

イベントの報告義務(条件あり)

実はアムウェイ本社では管理をする為に「開催計画書」という書類による事前の報告義務があります。

これには参加人数、参加費用、会場費、(ゲストがある場合)ゲスト料などの記入欄があります。

本社としては、トラブルが起きた場合も含めて把握しておきたいということでしょうか。

20代真っ盛りの男女がワチャワチャするわけですから、何が起きても不思議はないですもんね。

パーティー

引用:unsplash

報告が必要な条件は、

「参加者が500人」

あるいは

「参加費が1名につき30,001円以上」

この条件に当てはまる場合は提出が必要。

逆にこの条件に当てはまらなければ報告義務はありません。

Sponsored Link

パーティーは報告されているのか?

管理人の経験上、参加人数なんて把握できません

だから「30日前までに」に報告しろと言われても現実的に困難でしょう。

ある程度の参加予定人数は系列ごとに把握してグループLINEで報告しあうものの、当日になってみないと分からないことが多いです。

ドタキャンするプロスペクトもいますし、逆に口コミが広がって他系列のグループメンバーが混ざることもあります。

つまり人数のコントロールは不可能。

そして、参加費用ですが、3万円レベルのパーティーなんてほとんどありません。

ヘッケル(中島薫グループ)主催のバースデーパーティーやクリスマスパーティー(ラリーの後にホテルのホールで会食)。

もしくは関西の安積FCAが主催するランドサットアワードくらいじゃないですかね。

(この辺りは着席スタイルなので事前に報告は可能)

このような特殊なケースを除けば、数千円~1万円程度の参加費が多いです。

アップラインのバースデーパーティーのためにレストランを貸し切った立食スタイルや、プロスペクトを連れてくるためにクラブでの貸切パーティーなど。

というわけで、殆どのイベントに関してアムウェイ本社は把握できていないと思います。

Sponsored Link

旅行ツアーも報告されていない?

旅行ツアーにしても、報告する必要はありません。

とあるグループが数百人単位で沖縄で「大人の運動会」と称してツアーを組んでますよね。

※Youtubeで検索すれば出てきます。

beach party

引用:unsplash

また他のグループは毎年のように数百人レベルでバリ島ツアーをしています。

これにしても抜け穴があります。

・参加人数を500人以下にする

・参加者にはそれぞれ自力で航空チケット(宿泊代)を確保させる

・参加者からはパーティー代のみを徴収する

このやり方なら実際にはパーティー代金しか扱っていないため本社への報告義務は免れます。

管理人が参加した旅行ツアーはまさにこのスタイルでしたね。

アップ
現地で集合して解散するなんてかっこよくない?
じゃ!あしたバリで会いましょう♫

そんなセリフをアップラインが言っていた記憶がありますが、よくよく考えてみれば本社へ報告するのが面倒だったたけでは…?

Sponsored Link

参加費は当時現金で抜き放題?

仮にアムウェイビジネス活動に関係するイベント全てに報告義務があるとしたらどうなるでしょう。

イベント自体が激減すると思います。

主催側にしたって面倒くさいでしょうし。

しかし現状はやりたい放題ですね。

だって基本参加費は全て現金ですから。

記録に残らなければ、いざとなったら納税申告もしない可能性もあるでしょう。

ハイピンの全員がそうだとは思いませんが、イベント会社のように頻繁にパーティーやツアーを組んでダウンラインの参加費で稼いでいるアップラインもいると思いますよ。

現金

引用:unsplash

ガチのメンバーだった頃は、まさかイベントで利益を取ることはないと信じていましたが、今ではそう思いません。

※なぜ信じやれないかは後日体験談を書く予定。

これはミーティングの主催も同じこと。

前職が自称「コーチングコンサルタント」で、基本ディストリビューターを対象にセミナーしまくってるハイピンもいるようで・・・。

そんなことをしてるからグループのビジネスがイマイチ進まないってことに気がついて欲しいです。

授業に出ないで飲み会ばっかりやってるイベサーみたいなもんですから(笑)

Sponsored Link

関連記事